• JR中央線国立駅より徒歩3分

0120-356-773

相続税

相続税とはお亡くなりになられた方が残した財産を相続人などが遺言書や遺産分割協議により取得したときにかかる税金のことです。

多くの方が「相続税=税理士」というイメージをお持ちと思いますが、相続税に関してこれだけは知っておいていただきたいことがあります。

それは、相続税申告に関しては相続の経験豊富な税理士に相談しましょうということです。

また、相続税の申告と納税は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に、亡くなった方の亡くなった当時の住所地の税務署に対して行わなければなりませんが、相続税申告を行うには、最低でも2ヶ月程度の期間を要することが多いため、早めに準備をされることをお薦めします。

もし、申告の期限までに申告しなかった場合には加算税が、期限までに納めなかった場合には、延滞税がかかりますので注意が必要です。
>>詳しくはこちら

相続税とは

相続税とは、相続や遺贈によって財産を得る際、
一定以上の財産がある場合に課せられます。
まずは相続税とはどのようなものなのかを理解しましょう。
>>詳しくはこちら

相続税の評価

相続税とはある一定以上の財産を得るときに、国から課せられる税金のことです。
では、相続税がどのように算出されるのか、
いったいいくらの相続税が掛かるのかを把握しましょう。
>>詳しくはこちら

相続税対策の3つの視点

相続税の対策は大きく3つあります。
相続税をどうやって納税するか、の納税対策。
相続税をいかに節税するか、の節税対策。
親族間でもめないようにする、分割・もめない対策。
>>詳しくはこちら

相続税の節税のポイントとは?

相続税の節税において最も重要なポイントは、「不動産の評価額を下げる」ことです。

当事務所では相続専門の税理士と担当者を中心に、多くの相続を経験させていただいており「どこまで下げることができるか?」という事例知識が豊富にございます。
>>詳しくはこちら
 

詳しい情報はこちらから

・相続税とは

・相続税評価額の算出

・相続税対策3つの視点

・相続税の節税のポイントとは?

0120-356-773 無料相談の詳細はこちら
PAGETOP