• JR中央線国立駅より徒歩3分

0120-356-773

当事務所の相続税申告の特徴 | 立川・国立相続サポートセンター

当事務所の相続税申告の際に行っている土地評価資料の一部をご紹介していきます。
 

土地評価を減額するために確認・作成している書類

地積測量図

公図

ブルーマップ

都市計画図

 

相続税申告の際には、こうした資料を収集しておかないと、評価の妥当性を証明する手段がなく、根拠が弱くなってしまうため、節税効果のある土地評価ができなくなる可能性があります。
 
当事務所では相続税申告の豊富な実績と経験から蓄積されたノウハウを活用して、土地の評価を下げられないか徹底的にチェックしております。
 

図面だけでなく現地調査を行い、土地評価の証明を行っています

現地の写真を撮って残して置きます。また、実際の利用状況を確認して公図に落とし込む作業を行います。
 
土地の形状は地図を見るだけではわからない事も多々あります。
当事務所では、実際に現地までに出向いて土地の段差の高さや道幅の広さ、間口の広さなどを計測しています。
 
↑がけ地調査 ↑道路の境界の確認

 

 

相続税申告のために、最終的にこれだけの土地資料や現地調査の資料をまとめます。

●実際の当事務所の相続税申告事例はこちら>>
 

●相続税節税のポイントはこちら>>

0120-356-773 無料相談の詳細はこちら
PAGETOP